9万部を突破した『まいにち小鍋』シリーズの最新刊『まいにち湯豆腐』が絶賛発売中です。豆腐の約90%は「水分」ですから、低カロリー、低脂肪、低糖質なのに、大豆を原料とする栄養価の高い食材。湯豆腐は、ダイエットにも最適なヘルシー料理。ただ、湯豆腐はシンプルなだけに、どうしてもワンパターンになりがち。そこで、人気料理家である小田真規子先生に、10分でぽっかぽかになれる絶品レシピの数々を教えていただきました。本連載では、おいしい「湯豆腐」「小鍋」の作り方と、選りすぐりの逸品をご紹介します。

絶対おいしい!<br />とろ~り明太スープが<br />ヤミつきになる<br />「明太湯豆腐」レシピ

 朝晩と冷え込むようになってきましたね。肌寒さを感じながら帰宅するときに、「小鍋料理」や「湯豆腐」が恋しくなっている方も多いのではないでしょうか?そこで、絶賛発売中の『まいにち湯豆腐』から、鉄板レシピ「明太湯豆腐」をご紹介します。

絶対おいしい!<br />とろ~り明太スープが<br />ヤミつきになる<br />「明太湯豆腐」レシピ

【具材】
 絹ごし豆腐(3つに割る)…1丁(300g)

【スープ】
 明太子(ちぎる)…小1腹(60g)
 水…1カップ
 しょうゆ…大さじ1
 片栗粉…大さじ1

【仕上げ】
 万能ねぎ(小口切り)…適宜
 バター…10g

【つくり方】
(1)小鍋に【スープ】を入れて中火にかけ、よく混ぜながらとろみがつくまで煮立てる。
(2)濃いめのとろみがついたら、豆腐を加えて弱火で10分煮る。
(3)【仕上げ】を散らし、取り分けていただく。

 ちなみに、豆腐から水分が出るので、最初に注ぐスープの量は少なめで味は濃いめになっています。煮込むうちに水分が出て、豆腐がひたって、豆腐を崩しながらいただくと、スープの味もなじみます。簡単なのにとっても美味しいので、ぜひお試しください!