9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。
だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
鋳物(いもの)の産地・高岡市といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や、小さな町工場「能作」が観光名所の第2位に浮上。直近では「月1万人」ペースで、ビジネスパーソンから親子まで見学者が殺到しているのだ。
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、なんということだろう。社長就任時と比較して、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、「営業なし」「社員教育なし」で!
工場見学にきたある小学生は「ディズニーランドより楽しかった」と言ったとか。
今や、能作の商品は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の能作克治社長の初の著書『〈社員15倍! 見学者300倍!〉踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、ついに発売された。創業103年の「踊る町工場」で、一体全体、何が起きているのか?
多忙な能作克治社長を直撃した。

Photo: Adobe Stock

――前回は、デザイナーの小泉誠さんのひと言「曲がるなら、曲げてしまえばいい」からの「曲がるKAGO」シリーズの誕生秘話をお聞きしました。
 今回は、以前伺った「下請けの3K職場イメージを払拭する3つのこと」のうち、3番目を教えてほしいです。

<参考>「下請けの3K職場イメージを払拭する3つのこと」
1.技術を磨いて問屋の信頼を得る
2.自社製品を開発・販売する
3.工場見学を受け入れる(産業観光に力を入れる)

能作:はい、わかりました。

――まずはじめの一歩から。

能作:富山県の高岡の人たちに、なんとか、
「高岡銅器は衰退産業ではない」
「高岡の鋳物の技術は、世界に通用する」
 ことを示すために、能作では1990年から、「無料で」工場見学を受け入れています。

――無料で? 1990年からということはもう29年になるのですか!驚

能作:はい。2017年に新社屋を竣工してからは、鋳物製作体験工房やカフェ、ショップを併設し、産業観光の拠点として注目されるようになりました。

――なぜ、無料でそこまでやるのでしょうか。

能作:産業観光の目的は「4つ」あります。

1.ものづくりの魅力を広く発信し、伝統技術の継承や地域の活性化につなげる
2.県内観光(富山県)のハブ的な役割を果たす
3.産業観光に取り組む企業が増えるように、轍(わだち)をつける
4.子どもたちに、地域の素晴らしさ、伝統産業の素晴らしさを伝える

――なるほど。結構地域貢献的な要素が強いのですね。

能作:はい。産業観光の取り組みが少しずつ地域に認められ、職人に対するかつての偏見は、「憧れ」に変わりつつあります。

――憧れに? だって能作さんは以前、工場見学で屈辱的な言葉をある母親から投げかけられましたよね。

能作:はい。産業観光を愚直にやってきたおかげで、本当に当社のイメージは一変しました。

――どんなふうに?

能作:「3K職場」として見向きもされなかった能作に、今では「職人希望」の若者が全国から集まってきます。
 幼少期の工場見学がきっかけで、後に「職人」として能作に入社した女性社員もいます。

――そんなことが! びっくりですね。他にありますか?

能作:事業の拡大にともない、職人は約60人まで増えました。平均年齢は32歳
 錫製品のシリコーン鋳造(能作の独自技術)をはじめ、錫製品の医療分野への応用など、新たな技術の研究開発に携わる職人もいます。

――いやー、「町工場」とは思えませんね。どのくらいの方が工場見学にくるのですか?

能作:旧社屋には、移転前年(2016年)で、年間約1万人の見学者が訪れるようになっていました。
 新社屋では、インフラが整ってきたこともあり、初年(2017年)に倍の2万人の来場を見込んでいました。
 しかし、出足好調で目標を5万人に上方修正。
 さらに現在では、それをも大きく上回る「月1万人ペース」(年間12万人)の来場が続いています。

――新社屋完成後、急ピッチに増えてきたのですね。

能作:はい。高岡市内の観光スポットと言えば、瑞龍寺(ずいりゅうじ、年間約17万人)、高岡大仏(年間約10万人)が有名ですが、この2つの有名スポットに来場者では引けを取らないほど、能作は認知され始めています。
 僕が社長に就任した2002年当時と現在を比較すると、見学者は300倍に増えました。
 中小企業の工場見学者数としては、なかなか例を見ない数字だと思います。

――長い間、中小企業の取材をしていますが、そんな数字は聞いたことがありません。
 どんな地域からきているのですか?

能作:来場客の内訳は、県外からが約7割、中国や台湾、アメリカなど海外からの来訪もあります。

――ええ! てっきり県内の人ばかりだと思っていました。びっくりですね。

能作:県外が多いのです。
 僕の会社は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分ほどのところにあり、料金は日中でも3000円以上かかります。
 そんな片田舎に、これだけの方がこられるとは、まったく思いもしませんでした。

――そうですよね。私も何度か訪問させていただきましたが、あの地域にこれだけの人が! と驚きの連続でした。

能作:見学者の小学生からは、「ディズニーランドよりも楽しかった」という言葉をいただいたこともあります。

――ディ、ディズニーランド! 驚

能作:嬉しい限りです。
 富山本社の雰囲気を知りたい方は、ぜひ第1回連載もご覧いただけたらと思います。

能作克治(のうさく・かつじ) 株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール 名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。本書が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp