【After】タイドアップで表現する軽快さ伴う貫禄スタイル

「上司に相応しい貫禄」を出せる!紺無地スーツの着こなし術
スーツ19万円、シャツ3万円、タイ2万円、チーフ7000円

紺無地スーツはシャツ&タイや靴で印象をアレンジ

「上司に相応しい貫禄」を出せる!紺無地スーツの着こなし術
(右)シャツ2万7000円、タイ1万5000円、(左)シャツ2万円、タイ2万円/以上ハケット ロンドン(ハケット ロンドン 銀座)

 コットンリネンシャツⅩゴールドの小紋タイ(右)やブルーのグレンチェックのシャツXペイズリー小紋タイ(左)でタイドアップも軽やかな印象に。

「上司に相応しい貫禄」を出せる!紺無地スーツの着こなし術
靴8万2000円/クロケット&ジョーンズ(トレーディングポスト 青山本店)

 足元はメダリオンのついたセミブローグにすれば、堅苦しくなりすぎずも上品に仕上がる。

森岡 ラペル付きのベストなので、さりげなくクラシックな雰囲気が生まれますし、体の中心部にいつもよりメリハリがつきますね。そしてもうひとつのポイントがVゾーン。実は今日着ていただいたブルーのシャツは、襟先が丸いラウンドカラー。「ビジネスカジュアル」のなかでタイドアップをするなら、こういうちょっとしたところで印象を和らげるのもポイントです。こちらは襟が丸すぎないので、使いやすいでしょう。ベストにより、シャツとタイが見える面積が狭いですから、ブルーのシャツに光沢あるブルーのタイでアクセントをつけることで、爽やかな印象がしっかり表現できます。

堀米 ブルーのシャツやタイは、私も持っていますが、襟の形や素材感など、細部を意識するとこんなに変わるものなのですね。それにチーフも。ほとんど挿したことはありませんでした。