9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。
だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
鋳物(いもの)の産地・高岡市といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や、小さな町工場「能作」が観光名所の第2位に浮上。直近では「月1万人」ペースで、ビジネスパーソンから親子まで見学者が殺到しているのだ。
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、なんということだろう。社長就任時と比較して、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、「営業なし」「社員教育なし」で!
工場見学にきたある小学生は「ディズニーランドより楽しかった」と言ったとか。
今や、能作の商品は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の能作克治社長の初の著書『社員15倍!見学者300倍! 踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、話題となっている。創業103年の「踊る町工場」で、一体、何が起きているのか? 能作克治社長を直撃した。

Photo: Adobe Stock

「展示会」に積極的に出展し、
認知度を高める理由

――営業部門を持たないとなると、どうやって自社商品をアピールしているのでしょうか。

能作:営業部門を持たない能作にとって、販路開拓の中心は、展示会やビジネスショーへの出展です。
「素材や技術を正直に見せる」
「商品を広く情報発信する」
ことがメーカーには最も大事ですから、「地域資源活用売れる商品づくり支援事業」(地域資源活用新事業展開支援事業費補助金)などを活用しながら、展示会に積極的に出展し、市場の拡大を図っています(年に2、3回ペースで出展)

――出展するメリットはどんなところにあるのでしょうか。

能作:展示会に出展するメリットは次の「2つ」が大きいです。

 まず、素材、技術、商品に関する情報発信ができることです。
「売ること」はもちろん大切ですが、技術を見ていただき、異業種の人から「こういう商品をつくってほしい」という依頼を引き出すことも重要です。
 メーカーの仕事は「つくる」ことであり、「売ることではない」と僕は考えています。
 自分たちの商品には自信があるので、「いいものをつくる技術を必要としている人」には、能作の技術を活用してもらいたい。そのためには、素材や技術についてPRすることが重要です。

――なるほど。もう一つは何ですか。

能作:「興味のない人」へ訴求できることです。
 興味のない人に対しては、「これでもか」というくらい繰り返し見せていかないとなかなか認知してもらえないので、同じ展示会に何回も続けて出展しています。
 また、展示会への出展の他、次のようなことにも積極的に取り組んでいます。

■SNSによる情報発信
■イベントなどに自社商品を貸出

――他にはどんな事例がありますか?

能作:下記がおもな事例です。

「第23回 世界料理オリンピック2012」に出場する富山県の桃井勉シェフに器を貸出。桃井シェフが「コールド・プラッター・ディスプレイ」(オードブルの盛りつけや彩り、調理法などを競う種目)で金メダルを受賞し、能作の「曲がる食器」も話題となりました。

 テレビ・ラジオ・雑誌などのメディアへの露出(取材、撮影依頼があった場合は、前向きに協力)し、家電、医療等の異業種の雑誌への掲載などにも力を入れて、新たな層や異業種への認知獲得に努めています。

――いろいろなことにチャレンジしているのですね。

能作:はい。ギフトショーの風景が下記です。

ギフトショー2019

――こんな雰囲気なんですね。みなさん興味津々でしょうね。

能作:はい。年配の方から若い方まで、幅広く興味を持っていただいています。
 年間12万人が訪れる富山の本社工場の雰囲気を知りたい方は、第1回連載もご覧いただけたらと思います。

能作克治(のうさく・かつじ) 株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール 名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。本書が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp