ジープ「ラングラー」、日本での人気の理由とは?
ジープのアイコン的存在であり、本格クロスカントリー4WDの元祖であるラングラーが、11年ぶりに全面改良されました。伝統のスタイリングや独自の世界観を継承していますが、持ち味である悪路走破性はもちろん、快適性や安全性、燃費性能といった現代のSUVに求められる能力を向上させるなど、中身は劇的な進化を遂げています。ボディサイズは全長4870×全幅1895×全高1845mm(4ドア仕様)とサイズアップ。パワートレインは3.6LV6エンジンに加え、アンリミテッドスポーツには新開発の2L直4ターボエンジンが搭載されます。588万6000円~(写真は米国仕様)(FCAジャパン/ジープフリーコール TEL 0120-712-812) JEEP

道なき道を走る。そんなタフなジープのイメージをつくり上げてきた張本人が、このラングラーです。熱狂的なファンが多く、類いまれなる機能美と武骨感を基軸にした力強い雰囲気と、圧倒的なオフロード性能を備えた頼もしい走りが魅力です。

「男らしくありたい!」、「豪快さや頼もしさが欲しい!」などの思いを抱かれている方へ。服のテイストをヘビーデューティーな雰囲気へとガラッと変えるのもいいですが、ライフスタイル自体を変えてはいかがですか? それには、同時にオーナーの性格にも影響を及ぼすであろうクルマ、それをジープ「ラングラー」に替えてみるといいでしょう。

ジープ「ラングラー」、日本での人気の理由とは?
ラングラーと言えば、2ドアスタイルも通な選択です。受注生産モデルであるラングラー スポーツの全長4320mm、ホイールベースが2460mmというサイズは、あらゆる場面で扱いやすく、軽快な運転感覚を味わわせてくれます。435万円~ JEEP

 このラングラー、見ての通り通常のクルマとはカタチからデザインテイストまで、すべてが大きく違います。加えて手間は掛かりますが、屋根が取り外せるうえにドアも外せて、しかもフロントガラスを倒すこともできるという、軍用に開発された誕生経緯を今でも大事に引き継いでいます。