3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」が、発売早々話題となっている。
 本書では、女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」を、ヘアとメイクを変えることで解決。40代以降でも驚くほどの美の伸びしろがあることが明らかにしている。
 本書の中から、少し変えるだけで、劇的に洗練された大人になれる、ヘアやメイクの法則とテクをご紹介する。

左:ビフォア 明るい茶髪だとパサついて見える。
右:アフター 髪色をラベンダーブラウンに変えると、引き締まって見え、ツヤ感もアップ。肌もワントーン明るく見える。

アッシュやカーキはパサつきを助長させる

 髪色は、季節や気分に合わせて自由に変えるのもいいと思います。
 ただ、40代、50代のツヤがなくなってきた髪とくすみがちな肌におすすめなのは、ツヤ感、透明感があるピンク、ラベンダーなどの暖かみのあるカラーです。アッシュやカーキなどの寒色系は、髪のパサついたイメージを助長するのであまりおすすめできません。

 ツヤのない髪は、そもそもキューティクルが開いているので染めても退色しやすいのです。そこで普通のカラー剤に比べて退色しづらいグレイカラー(白髪染め)の出番です。一般的に白髪が出てきたお客さまには、どこのサロンでも美容師さんの判断でグレイカラーに変えていることも多いと思いますが、退色しやすいと感じる方は、自分から「グレイカラーで」とお願いすると良いかもしれません。

 昔はグレイカラーはすごく髪を傷めるイメージでしたが、今は随分改良されダメージを心配する必要はほぼありません。また色のバリエーションも増えているので、なりたい色のイメージのまま、妥協することなく染めることができます。