女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」。カジュアルな服を着るとパジャマに見えたり、スーツやワンピを着ると参観日のお母さんに見えたりして、なんだかちぐはぐな感じに…。

 実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。

 3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」から、大人女性を激変させる、目からウロコの髪型とメイクの法則をご紹介します。

ファンデーションは、ほうれい線の敵!

ほうれい線仕込みチークテクを使った実例。写真左:自分メイクのビフォア。写真右:アフター。髪型を変え、ファンデをミニマムにして、仕込みチークを小鼻の横に入れた。

 夕方になって鏡を見ると、ほうれい線にファンデーションが溜まってさらに溝が強調されていることがありますよね。これには“ファンデを塗らない”がいちばんの解決策なのです。厚塗りをすればするほど崩れてシワに入っていきます。ただ、まったく塗らないのは現実的ではないので、ファンデを最低限にするための工夫が大事になってきます。

 そのためには、コントロールカラーで透明感を出し、コンシーラーでアラを隠すというプロセスを丁寧にやることが最重要。気になる箇所をカバーできていれば、ファンデはミニマムですむのです。