女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」。カジュアルな服を着るとパジャマに見えたり、スーツやワンピを着ると参観日のお母さんに見えたりして、なんだかちぐはぐな感じに…。

 実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。

 3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」から、大人女性を激変させる、目からウロコの髪型とメイクの法則をご紹介します。

Photo: Adobe Stock

ネットやヘアカタログで探すよりも早くて確実なのは…

 あなたは、どうやって美容師さんを探していますか?

 ヘアカタログやインターネットなどが多いかもしれません。それももちろん参考になりますが、実は、自分に合う美容師探しでいちばん役に立つのが、身近にいる素敵な髪型の人をよく観察することです。

 あなたはその人のことを360度どこからでも見られるので、上手にカットされているのかをある程度判断できると思います。またコンスタントに顔を合わす関係であれば、切りたての髪、1ヵ月後、2ヵ月後など、伸びた時にどんな風になるのかもチェックできます。その人が髪型を変えた時も、常に素敵だと思うのなら、その美容師はあなたの希望の髪型を理解し、かなえてくれる腕とセンスを持っているということだと思います。

 思い切って「誰に切ってもらっているの?」と聞いてみましょう。聞かれた方も、本当におすすめできる美容師なら、きっと丁寧にいろんなことを教えてくれると思います。

 ヘアカタログやネットでは、その美容師さんが作ったヘアスタイルは写真でしかわかりませんし、また、その美容師さんとの性格的な相性などもわかりません。

 しかし自分自身が素敵だと思う知り合いが、実際に切ってもらっている美容師ならば、技術はもちろんのこと、性格などについても事前に聞いて確かめることができるので間違いがありません。

 ちなみに自分にとって相性のいい美容師さんを探す時に美容師の経験年数や肩書きにはこだわる必要はありません。美容師歴が長くて経験値が高いからこそ、自分スタイルを押し付けてくるパターンもありますし、若手でも一生懸命で素直な姿勢を持った美容師さんの方が、本当にやりたい髪型を理解してくれる場合もあります。

 近くに理想の髪型の人がいない場合には、インスタなどで検索するのも手。インスタで理想の美容師を検索するにはどうすればいいのかも本書では紹介しています。