「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15ヵ国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

「generate」を使って、
目的・成果を出すことを誓う

 仕事では「結果を出すこと」が大切ですが、「プロセスを作ること」も大事です。「generate」はしかるべきプロセスを経て利益を生み出すことを表す単語です。

 非ネイティブは、「make」ではなくあえて「generate」を使って、「自分の意志で、プロセスを作り上げて、その結果として目標とする成果を勝ち取る決意」を伝えます。そして相手に、「一過性の成果ではなく、再現性のある成果の実現」を印象づけるのです。

 また「generate」は、「generator」(発電機)から連想されるように、電力を生み出すという意味があることから、何かを生み出す力強さを印象づける言葉です。前回紹介した「achieve」も目的達成を示す言葉です。明確な目的やゴールがある場合に活用でき、チームのモチベーションを上げるときにも効果的な単語でしたね。

「achieve」より「generate」のほうが
想いが強い

「achieve」と「generate」、どちらを使うことも可能ですが、個人的には、熱い想いを表現したい場合に、あえて「generate」を使っています。

 非ネイティブもチームでの達成や目標達成について語るときは「achieve」より「generate」のほうを使っていることが多いように思います。

 ビジネスでは利益をあげることはとても大切です。「利益」を表す「profit」と組み合わせて使うことで、「We will generate profit.」(私たちは利益を生み出します)といったように、これから利益がどんどん増加していくような力強いイメージを抱かせることができます。また、「generate leads」「generate sale」「generate opportunities」などもよく使われていますので、次ページの「他にも使える表現を増やしてみよう!」でも確認しておいてください。