今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

海外に出たら失敗を恐れず、話しかけてみよう

 日本国内で見知らぬ外国人と話すにも勇気がいりますが、日本国内は言ってみればホームグラウンドです。ホームグラウンドでの会話は、話題をリードできる機会も多いですし、背景知識などが話を理解するのに役立つものです。相手が日本に住んでいる外国人であれば、日本人の英語を聞き慣れているケースも多いので、話が伝わりやすいということもあります。

 しかし、アウェイである海外に出ると、慣れない環境での緊張感も加わって、会話の難易度も上がります。

 その一方、周囲に日本人がいないことが多いですから、日本人の前で英語を話す気恥ずかしさを感じず、誰にも頼らずに自分で話してみようと、気持ちを奮い立たせるチャンスでもあります。少しでもスモールトークができれば大きな自信になります。旅の恥はかき捨てではありませんが、旅先こそ果敢にスモールトークにチャレンジしてみましょう。

 例えば、海外で道に迷っていたら、親切に声をかけてくれる現地の人を待たず、自分からあいさつをして、助けを求めてみましょう。