「麻布→東大卒」でありながら「プロゲーマー」という経歴が、世間の話題となったときどさん。しかし順風満帆だった彼のプロゲーマー人生は、ゲーマー20年目の2013年ごろに壁にぶつかった。格闘ゲームのeスポーツ化による環境の変化によって、全く勝てなくなったのだ。
2冊目の著書『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』では、そのV字回復の軌跡を紹介しながら、ときどさんが毎日やっている「努力のやり方」を紹介している。「圧倒的に変化が激しい」eスポーツの世界で戦うために、必要なこととは何か。ビジネスマンにも役立つエッセンスを語ってもらった。

Photo: Adobe Stock

ほんのわずかな差が勝負を分ける

 ゲームの世界の話だけではないと思いますが、レベルの高い環境であるほど、プレイヤー同士の能力の差は僅差です。

 例えばプロのルーキーが「センチ単位の差」で戦っているところを、トッププロになると「ミリ単位の差」で勝敗がわかれます。その僅差がどこでどう作用するかわからない。だから手を抜けません。負けたときに「あそこをもう少し詰めていたら……」と悔やむことになってしまうからです。

 僕は、自分が常に最善を尽くしたといい切れるよう「画面の外」、つまり、ゲームと一見関係ない部分での行動も大切にしています。