ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ひとりよがりでは最強のチームをつくれない
間違いだらけの人と組織

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第8回】 2012年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

ベンチャー企業が陥る
組織の病あれこれ

 ホンダは本田・藤沢、ソニーは井深・盛田のコンビが成功をもたらした。では、あなたのスタートアップは、どういうチームのビジョンを持っているのか。

 ある起業家予備軍は、「技術者だけでチームを組んでいいのでしょうか」と筆者にたずねてきた。日本のベンチャーキャピタルの多くは、お金を任せるには金庫番がまず必要と言ってきた。

 一方で、シリコンバレーでは、初期に「つくる」人以外がチームにいると、何の役に立つのか問われる。この様に、日米で事情は異なる。しかし、あるべき姿にそう違いがあるわけではない。自らのスタートアップにとって何が求められるかだ。最近は、「ハッカー、ハスラー、デザイナーが揃った最強チーム」といった売り文句も聞くが、そのスタートアップにベストのチームが問われるのであり、形式論はあまり意味がない。

 実際、起業家社長の大きなエゴが映し出されたような経営や、アンバランスなチーム作りが多々見られる。飲み仲間のイエスマンを続けて入れた、ワンマン社長が独走、あるいはトロイカ体制だがしっくりいってない、など色々ある。

出所:株式会社プロノバ

 人と組織の専門家であるプロノバの岡島悦子社長は、成長の痛みから発生する症例として、よくみられるベンチャー企業のトップ・マネジメントと組織の問題を図の様にあげている。

■CEO多重役割症候群

 CEOがほとんどの主要な役割を担い、属人組織化し、かつ本人がボトルネックになる。

■CEOスーパーマン症候群

 自分以上にできる奴はいないと思い込み、自分でなんでも抱え込む。自分の弱点を認識していないことや、他のメンバーとのギャップが著しくなることも多い。

■CEO多忙皿回し症候群

 緊急なことや短期の売上のためCEOが手一杯で、長期的なことや本来は優先度の高いことができなくなる。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧