米大統領選が行われた年のこれまでの傾向に基づけば、2020年はヘルスケアやIT(情報技術)銘柄が苦戦する一方で、SP500種指数は順調に推移しそうだ。  ダウ・ジョーンズ・マーケット・データが1928年までさかのぼり、米大統領選が実施された年の株式パフォーマンスをセクター別に調査したところ、SP500種数ではヘルスケアおよびIT銘柄が4年間のサイクルの中で最も低迷することが分かった。市場全体は、大統領選が行われる前年に最も良いパフォーマンスを見せていた。