テスラ
Photo:Reuters

 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は中国では猛スピードで新工場を開設し、株価を過去最高水準に押し上げた。だが、それに倣ったドイツでの工場建設は減速を迫られそうだ。

 テスラは11月に発表したドイツ・ベルリン郊外への工場設置計画について、ここ数週間に詳細を明らかにした。ブランデンブルク州の新工場は、中国工場の1年未満という工期には及ばないまでも、極めて短い期間で建設される予定だ。しかし、マスク氏は自ら挑戦的な期限を設定し、しばしば守れないことでも有名だ。

 ドイツ工場の建設は2つの特異な課題に直面している。着工前に用地から移動する必要のあるコウモリのコロニーと第2次世界大戦の不発弾だ。

 中独2カ所の海外工場はテスラを世界的な自動車メーカーに成長させる鍵となる。米カリフォルニア州フレモントの主要工場と合わせれば、テスラの生産能力は年間100万台を超える可能性がある。同社の年産台数は2015年の約5万台から19年には36万台超に増加した。

 100万台の大台をいつ突破するかは分からない。ドイツでは当初、年産15万台を予定しており、いずれ中国の目標と同程度の50万台に引き上げる計画だ。

 テスラはコメントの求めには応じなかった。

 ブランデンブルク州政府への届け出によると、ドイツ工場は21年7月に操業を開始し、大衆車「モデル3」や新小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」を生産する。

 届け出によると、工場で雇い入れる労働者は4000人弱になるが、生産が増加すれば8000人以上に増える可能性がある。