「交通マナー」の悪さに悩んでいる都道府県や都市
住民が「交通マナー」の悪さに悩んでいる都道府県や都市は?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

 名古屋走り、阿波の黄走り、茨城ダッシュ……いずれも各地の“危険な運転マナー”を表したものだ。

 ただし、他県の人たちから見て「危険な運転だ」「交通マナーを守らない」と思っていても、実際に住んでいる住民たちがどう思っているかは別問題。

 そこで、各都道府県の住民へのアンケートによって「交通マナーの悪さ」に悩んでいる度合いを明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「交通マナーの悪さに悩む都道府県&主要都市ランキング」だ。

 このランキングは、ブランド総合研究所が2019年に初めて行った住民視点で地域の課題を明らかにする『地域版SDGs調査』によるもの。今回は、47都道府県の住民と主要都市83市の住民に聞いた「交通マナーの悪さに悩む都道府県&主要都市ランキング」を見ていこう。

※アンケートはインターネットにて実施。都道府県版は1万5925人から回答を得た(一部を除き各都道府県から約340人)。調査時期は2019年7月12日~19日。一方の市版は、各道府県庁所在市、政令指定都市、中核市に該当する83市の住民1万3270人から回答を得た。調査時期は2019年11月19日~12月23日。住民の悩みとして挙げた48項目のうち「交通安全・交通マナー」に悩んでいると答えた人の割合からランキングを作成した。

1位はダントツで徳島県に!
交通マナーの悪さに悩む都道府県ランキング

 まず、「交通マナーの悪さに悩む都道府県ランキング」1位になったのは徳島県で、悩んでいる人の割合は13.5%となった。2位は同率(9.6%)で香川県と福岡県となり、徳島県が他県を圧倒した形だ。

 一方で、下位の悩みが少ない都道府県に目を移すと、45位は長崎県(3.8%)、46位は青森県(3.0%)、47位は鹿児島県(2.3%)だった。