脳の発達にはルールがある! 子どもが自分でできる、科学的に才能を伸ばす方法とは?
一般に、親はもちろんですが、こども本人も「頭がよくなりたい」といった気持ちをもっているものです。そして科学が進歩したいま、何をすれば頭がよくなるのか、はっきりしてきました。
そんな脳の発達のルールを、自分で読んで実践できるように、イラストたっぷりで子ども本人に直接伝える、小学生向けの児童書『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える こどもの頭がよくなるルールブック』ができました。
著者の瀧靖之教授(東北大学加齢医学研究)によると、脳は、なにかいいことを行えばほかの能力も関連して上がる性質があるので、全部でなくても、気になることから行うことで、「頭がよくなってきた!」と実感できるとか。その方法を知っているのと知らないのとでは、その差は将来どんどん開いていきますので、小さいうちから「常識」としてこどもに知らせておくことは、たいへんおすすめです。
東北大学で16万人という膨大な数の脳画像を見てきた脳医学者であり、さまざまな研究から脳の発達のメカニズムを知り尽くし、また、自身も小学生の子どもをもつ親として、育児にも日々熱心に取り組んでいる瀧教授に、その極意を聞いていきます。

Photo: Adobe Stock

16万人の脳画像を見てきた
脳医学者が断言する脳の伸ばし方!

「頭のいい子に育てたい」

 これは多くの親の本音ではないでしょうか。そしてじつは、子ども自身も(勉強があまり好きではない子であっても)、「頭がよくなりたい」と思っています。頭がよくなりたいという気持ちは、人間の本能のようなものなのです。

 その本能はどこから来ているのか。また、どうしたら実際に頭はよくなるのか。

 脳科学の知見から、だんだんとその答えがわかってきました。

 私たち東北大学加齢医学研究所は、脳のMRI画像を解析し、認知症などの病気のメカニズムを明らかにするための研究を行なっています。蓄積しているデータは、下は5歳から上は80代まで、16万人という膨大なもの。

 これらのデータを解析する中で、脳の性質と照らし合わせ、「どういうふうに育った子どもが賢くなるのか」「どうすれば年齢を重ねても脳の健康が保てるか」が見えてきたのです。

 それは、脳の持つ2つの特徴から導き出すことができます。

 2つの特徴とは、「汎化(はんか)」と「可塑性(かそせい)」です。

「汎化」とは、ひとつのことに習熟すると、類似したほかのことにも習熟するという性質です。

「可塑性」とは、刺激に対して変化し続ける性質であり、これによって、脳は、生きている限り変化・成長し、新しい能力を獲得し続けていくのです。

 つまり、「頭がよくなる」ためには、脳に刺激を与え続け、何かを習熟していくことが大切だということがわかったのです。

勉強以前に、好きなことをして
脳の性能を高めることが大事!

 このことから、子どもの頭をよくする育て方も自ずと決まってきます。

 すなわち、子どもの脳に刺激を与え、何かに習熟させて得意にさせてあげればいいのです。そうすれば、脳の性能はひとりでに高まっていきます。

 ただし、ここには落とし穴があります。それは、人は、嫌いなことには興味も持たないし、習熟しないということです。ですから、子どもの頭をよくしてやろうと、無理に勉強や知識を詰め込もうとしても、子どもの頭は思うように反応してくれないのです。

 では、どうしたらよいのか。

 それを解決するための最大のポイント、それが、「知的好奇心」を身につけることです。

 「知的好奇心」があると、子どもは自分から知識や情報を求め、自分で自分の脳に刺激を与えることができます。「知的好奇心」には終わりがないので、子どもは貪欲に、自分から刺激を求め続けます。

 また、好きなことをとことんやらせてあげることが「習熟」につながり、脳の性能を高めることになります。

 大事なことは、どちらも、必ずしも勉強に直結することでなくてもいい、ということです。勉強以前に、好きなことをして脳の性能を高めることが大事なのです。

 ですから、ぜひ「知的好奇心」と「好きなことに習熟させる」ことにポイントを置いて、子育てをしていただきたいのです。

 そのために、具体的にどうしたらよいでしょうか。

 次回はそのヒントをお伝えします。

(次回へ続く)