コロナショックでマンション価格の暴落は本当に起きるのか
コロナショックでマンション価格はどう動くのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

コロナショックが直撃する
不動産の種類と理由

 新型コロナウイルスの不動産市場への影響を危惧する声を、ここにきてよく聞く。こうしたパンデミックは過去に例がないが、経済の悪化が不動産価格に影響することは否めない。

 ただし、不動産と十把ひとからげに言っても実態の理解は進まない。不動産の種類ごとに時系列で何が起こるのかという2つの軸で把握する必要が出てくる。

 新型コロナは人の移動を止めるものなので、ホテルや飲食店を含む商業施設が真っ先に影響を受ける。こうした事業は、日銭の入金が読めているから成り立つ業態である。そこで売り上げが急減すると、キャッシュが不足するリスクが高まる。不動産で最も影響を受けているのはこの業態である。

 次に、経済活動が滞ることで企業業績が悪化する。株価はこれを端的に表している。ここで需要が減るのがオフィスである。アベノミクス以降の景気で企業業績が向上し、オフィス需要は旺盛だった。大量供給や建て替えがあるものの、稼働率は低減していき、賃料も上がってきた。そんな状況下での業績悪化はオフィスの拡張移転を減らし、稼働率の悪化を招くことになる。こうして数カ月のタイムラグをもって、オフィス市場は悪化しそうだ。

 逆に、最も影響が少ないのがマンションなどの住宅になる。「住宅は実需」と言われるように、人にとって住む場所は必ず必要であり、この需要が大きく変動することは生活基盤が揺らがない限りない。