・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

Photo: Adobe Stock

タオルで顔をふくときまで
下腹を意識できれば完ぺき!

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

顔を洗っているときは大きく前かがみになるので、まっすぐに立っているときよりも下腹を凹ませやすい状態です。ここでは、下腹まで効かせやすい「洗顔ドローイン」を紹介します。

まず、ひざを深めに曲げ、お尻を突き出した形でお腹をえぐるように引っ込めましょう。両手を太ももで支えないぶん、お腹に内臓や脂肪の重みが負荷としてかかります。

お腹全体を凹ませたい人は、おへそを中心に大きく引っ込め、下腹ターゲットの人は、下腹を意識して、お腹を引っ込めましょう。 下腹を引っ込めようとすると、息がどうしても止まってしまいやすい人も、洗顔ドローインなら息を止めずに行えるはずです。

ひざを深く曲げるほど強度が高くなりますので、行う時間なども考慮してご自分なりに調整しましょう。調整といっても難しく考えずに、「下腹に効いている」という実感があればOKです。

顔を洗った後に起き上がって、タオルで顔をふくときにも下腹まで引っ込めていられるようになったら、洗顔ドローインはコンプリートです。

なお、基本的に、背すじは丸めずに伸ばした状態で行いますが、肝心の下腹の動きが悪い人は、背中を丸めて行ってもOKです。 もし、背すじを丸めると腰に不安を感じる人は、次回ご紹介する腰痛時の洗顔ドローインを選ぶようにしてください。

■洗顔ドローイン
【行い方】両ひざを洗面台の前面につき、背すじを伸ばして下腹をえぐるように引っ込める
【注意点】腰に不安がある人は無理をしないこと
【ポイント】ひざを深く曲げると強度がUP!