昨年12月、フェイスブックの取締役たちはハワイのカウアイ島にあるマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)兼会長(35)の海辺の別荘に集結した。この異例の取締役会は、数年前から混乱が続いていた会社の方向性の見直しについて協議することが目的だった。  この集まりについてよく知る複数の人物によると、さまざまな変更が行われたが、それは誰もが期待していたものではなかった。  それから数カ月以内にフェイスブックは取締役2人の退任を発表し、ザッカーバーグ氏の長年の友人1人が取締役会に加わった。