写真:札束
Photo:PIXTA

今回で4年目となる恒例の好評企画が、この「40歳年収が高い企業ランキング」です。全上場企業を対象として、独自に「40歳時の年収」を推計。その結果をランキング形式で大公開します。(ダイヤモンド編集部副編集長 鈴木崇久)

新型コロナウイルスによって
収入に関する前提が覆っている

 新型コロナウイルスの感染拡大が経済に与えるダメージによって今、多くの人にとって収入に関する前提が根底から覆っています。特に自営業やフリーランスの人々にとっては深刻な状況です。

 程度の差こそあれ、それは今まで当然のように毎月給料が振り込まれてきた会社勤めのビジネスパーソンにとっても同じ。店舗や工場などの休業による影響を受けている人は直接的な打撃をすでに受けています。

 そして、ホワイトカラーと呼ばれる職種でも、在宅勤務にシフトするなど働き方が大きく変わった人は多いはず。となれば、多少のタイムラグが生じたとしても、働き方の変化に応じてその対価である給料の払い方も変わってくる可能性が高いです。「実はあまり意味がなかった残業が浮き彫りになった」といった話が出てきていることなどは、その一例といえるかもしれません。

 そんな中で今回お届けするのが、今回で4年目となる恒例の好評企画である「40歳年収が高い企業ランキング」の最新版です。全上場企業を対象に40歳時点の年収を推計。時代を振り返ったときに、後に「コロナ以前(Before Corona)最後の年収」と呼ばれることになるかもしれない――。そんな結果をランキング形式でお届けします。

 では早速、トップ10から発表していきましょう。