「2008」というモデル名からお気づきのとおり、ベースになったのはハッチバックモデルの「208」。いわゆるBセグメントに属するモデルで、そのために2008のボディサイズも堂々とコンパクトを名乗ることができるものだ。

 最低地上高は208よりも少しだけアップさせた165mmとし、その分、全高は1570mmと、国内の立体駐車場事情を語る際に必ずピックアップされる1550mmをわずかに上回ってしまっている。国内モデル、または輸入車が国内に導入するにあたって、サスペンションを専用として全高を1550mmに抑えてしまうモデルもあるが、実はその分、乗り味に固さが出るというデメリットが生まれてしまうもの。

 2008は、頑ななのか、するつもりがないのか、その意図は分からないが、立体駐車場の要件を満たさなかった分、つまりはオリジナルを忠実に再現した分、乗り味にプジョーらしいストローク感が存在している。筆者はそれをSUVらしさに上手く採り入れた、2008のアドバンテージと捉えている。

 このモデルのトピックはそれ以外にも数多くあるのだが、実は残念ながらカタログだけでは伝わってこない。ここでできる限り紹介していこう。

プジョー 2008 レイアウト
小径ステアリングを備える、プジョー独自のレイアウト(iコクピット)を継承。センターコンソールにはスマートフォン接続機能(ミラースクリーン)を備えた、タッチパネル式インフォテインメントシステムを採用した

 まず、先ほど少し紹介したラフロード性能について。もちろん、不整地を走る際にはFFよりも4WDのほうが安定性は高く、また走破性もプラスされるが、プジョーはこれまでのパワートレインでは4WDは作らないと謳っており、もちろん2008もFFのみ。しかし、そこにグリップコントロールと呼ばれるトラクションコントロールをプラスして、4WD顔負けとまでは行かないが「FFなのに?」という走りを披露する。

 たとえば、傾斜が強く、路面がアスファルトで固められていない、砂利道などを上るシーン。足場がしっかりとしていない路面ゆえに、タイヤはどうしても路面を掴み切れずに、空転してグリップを失い、そして前進できなくなるもの。しかし、2008に採用されたグリップコントロールはグリップを失いそうになると、フロント左右輪のグリップを的確に制御し、多少のアクセルコントロールは必要となるが、砂利の坂道を上っていってしまう。