職場に復帰したあなたは、こんな光景を目にするだろう。社内カフェテリアは休業中、コーヒーメーカーは電源が切られ、デスクはプラスチックのついたてで仕切られている――。  新型コロナウイルス時代に突入し、オフィスライフのあらゆる面が再考されつつある。人材会社や不動産会社の幹部らは、米国の従業員が職場に復帰するころには、多くのオフィスが様変わりしているだろうと語る。  エレベーターの定員はたった1人になるかもしれない。これまでオープンフロア設計できっちり詰められていたデスクは距離を置いた配置になり、プラスチックの仕切りで囲われ、椅子にはウイルス対策の使い捨てパッドが敷かれるだろう。