ビル・ゲイツ氏(64)は、今後世界が直面する出来事の中で、最も多くの死者を出す恐れのあるものは戦争ではなく、感染症のパンデミック(世界的大流行)と5年前に警告していた。億万長者のゲイツ氏は、ワクチンをより早期に開発する方法や、疫病を追跡するシステムの創設に何億ドルもの資金を投じてきた。世界の指導者らに対し、新たな感染症への国家的防衛体制を構築するよう求めてきた。  ゲイツ氏はこれまでの活動を振り返り「この危険な状況に注意を促すため、もっと多くのことができたはずだ」と語った。マイクロソフトの共同創業者である同氏は現在、未然に防ごうと努めてきた事態と対峙している。