アタックZERO
Photo by Takahisa Suzuki

今から約12年前、空前のブームを巻き起こした柔軟剤「ダウニー」。各メーカーがこぞって香りに特化した柔軟剤や洗剤を売り出した。ようやく香り特化ブームが過ぎ去ったここ数年、次なる洗剤のトレンドは一体なんなのか?自宅クリーニングの方法を紹介するサイト「ハナの洗濯ラボノート」を運営するハナさんに、洗濯洗剤のトレンド事情を聞いた。(清談社 中村未来)

香り付けブームは終焉し
現在は断然「機能型」が人気

 2008年に訪れたダウニーブームは、ちまたに香りブームを巻き起こすと同時に、強い香りによって頭痛やアレルギー症状が出るといった「香害」問題も話題になった。洗剤・柔軟剤の香り付けブームは、まだ続いているのだろうか?

「香りに特化した柔軟剤や洗剤は、定番化して今も市場にもあふれています。しかし、香りブームそのものは、ここ数年でかなり落ち着いたと思います」

 そう語るのは、「ハナの洗濯ラボノート」の運営者であるハナさん。年間80種類以上の洗濯洗剤、柔軟剤を試し、独自にその効果を研究している洗濯のプロフェッショナルだ。ハナさんいわく、洗濯洗剤の今のトレンドは断然、“機能型”だという。