お取り寄せ
全国各地からのお取り寄せが、自粛生活での楽しみになっている人も少なくないようです Photo:PIXTA

 日本全国における新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあるとはいえ、いまだに外出自粛が続いている今、楽しみにしている人も多いのが「食品のお取り寄せ」だろう。コロナによる影響で売り上げが落ち込んでいる生産者、食品メーカー、飲食店などを支援しようと、さまざまな販売支援サイトも立ち上がっている。

 では、全国の人たちから「買いたい」「食べたい」と思われているのは、どの地域の食品だろうか。今回は、コロナの感染が広がる前から食品の購入意欲が高かった都道府県&市区町村のランキング上位25位を見ていこう。

 このランキングは、47都道府県と国内1000の市区町村を対象にした、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。「食品の購入意欲が高い都道府県&市区町村ランキング」は、全都道府県と市区町村の中から購入したい具体的な食品名を3品まで自由記述で回答してもらい、100人当たりの記入数でスコアを算出した(有効回答数:全国3万1369人)。式で表すと、「食品の購入意欲度=(食品の記入数/サンプル数)×100」となる。

食品の購入意欲が高い都道府県
1位は11年連続・ダントツで北海道に

 まず、「食品の購入意欲が高い都道府県ランキング」の1位は北海道(47.6%)で、2位以下を大きく引き離して11年連続のトップとなった。

 2位は前回4位の宮城県(26.2%)、3位は僅差で前年2位の大阪府(26.1%)だった。