新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、濃厚接触者の追跡を支援するアプリ「Care19」が米ノースダコタとサウスダコタの両州で導入された。しかし、すぐに問題が浮上した。ユーザーが訪れた具体的な店について、時に不正確な情報が表示されていたのだ。  衛星利用測位システム(GPS)と携帯電話信号やWi-Fi信号を使用して端末の位置情報を取得するアプリでは、そうしたことは珍しくない。しかし、サポートチームには複数のユーザーから懸念が寄せられた。