京アニ犠牲者全員の身元公表、メディアが苦悩した実名報道の在り方
京アニ事件犠牲者の実名報道の在り方について、メディア関係者は考えさせられた。写真は京都新聞の8月28日朝刊。「京アニと描いた輝きは消えない」との見出しで、犠牲となった35人全員のプロフィールなどが掲載されている

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件を巡り、京都府警は27日、これまで公表していなかった犠牲者35人のうち25人の身元を明らかにした。府警は2日、葬儀が終わり、遺族の了解を得られた10人の身元を公表。残る25人についても遺族と調整を続けてきた。この間、京都府内の報道機関で組織する「在洛新聞放送編集責任者会議」が20日、府警に速やかな身元の公表を要請していた。身元の公表が事件発生から40日後というのは極めて異例だが、ネットなどでは「遺族が望まない実名報道は不要」などの声もあがっていた。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

才能豊かなアニメーターたち
最後の葬儀が終わり全員実名公表

 府警の西山亮二捜査1課長は、身元の公表が1ヵ月以上たってからになった理由を「凄惨な事件で、ご遺族が死を受け入れるまでに時間がかかっていると認識した。ご遺族の意向を丁寧に聴き取りながら、葬儀の実施状況を考慮し、広報の方法とタイミングを慎重に検討してきた結果、最後の葬儀が終わり、本日の公表になった」と説明した。

 25人のうち、20人の遺族が実名の公表を拒否しているというが、それでも公表に踏み切った理由について、「事件の重大性に加え、社会的関心が高く、公益性も考慮し、公表した方がいいと判断した」と述べた。

 また、このまま匿名にしたままだと「色々な憶測が飛び交い、(ネットなどで)誤った氏名や経歴が流されるなど、犠牲者や遺族の名誉が著しく傷つけられる恐れもある」と語った。