東京
写真はイメージです Photo:PIXTA

 コロナによる営業自粛で企業の売上高が減少したが、人件費を圧縮できないので、企業の利益が大きく減少している。

 売上高の減少が長期化すれば、日本企業の多くが赤字になるだろう。

 このところ株価が急回復しているが、市場は先行きを読んで動くとはいえ、あまりに楽観的な見方と考えざるを得ない。

1~3月期の売上高は3.5%減少
営業利益は33.9%の大幅減少

 2020年1~3月期の法人企業統計調査が公表された。

 この調査からは、コロナ禍による営業自粛などで、日本企業が経済活動の落ち込みにどのように対処しているかを知るために、極めて貴重なデータが得られる。

 以下では、売上高、利益、人件費などの動向を中心に見ていこう。