日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の代表取締役國分利治さんと、同社取締役で10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談をお届けします。
対談第5回目は、「誰からも愛される人」について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、花輪恵)
(こちらは、2019年9月に行われた対談をまとめたものです)

誰からも愛される人になるには、どうしたらいいか

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

―― 結果を出している人は、「誰からも愛されている」「多くの人に応援されている」気がします。「誰からも愛される人」になるには、どうしたらいいとお考えですか?

國分:僕の場合、相手が男性であれ女性であれ、「惚れてもらえる自分づくり」を意識していますね。

これまで自分が「どういう人物に惚れてきたか」を思い起こしてみると、誰にでも「こういう人はかっこいい」「こういう人になりたい」というロールモデルがいると思うんです。「惚れられる人」になるための最初の一歩は、その人たちのように振る舞うことではないでしょうか。

もちろん、見た目のカッコよさも重要です。見た目は努力で変えられます。中身も大事ですけど、見た目もすごく大事です。

山下:僕は、國分という偉大な背中を見てきましたから、僕にとって國分が「惚れている人」です。國分の華やかさも、人には見せない泥臭さも、すべてひっくるめてロールモデルですね。

國分の魅力は、絶対にふんぞり返らないことです。どれほど店舗を増やしても、有名になっても、決してお山の大将にはならない。

「誰からも愛される人」になるには、國分のように、誰よりも謙虚に仕事をすることだと思います。朝一番に出社する人や誰よりも率先して掃除をする人を僕は応援したいですね。