銀行の倒産が経済に大打撃となる理由

 銀行は、小幅な赤字の企業に貸し渋りをすると自分が損をすると知っているので、貸し渋りをせざるを得なくなっても、小幅な赤字の借り手には必死で融資を続けるかもしれない。

 そのあたりは銀行内部でもさまざまな考え方があろうが、小幅な赤字の借り手の中には融資を続けてもらえる所も多いだろう。

 しかし、銀行が倒産すると、銀行は原則としてすべての融資を回収して預金者に預金を払い戻さざるを得なくなる。健全な借り手に対する融資は他行が引き取ってくれる場合もあろうが、赤字の借り手に対する融資は回収せざるを得ないだろう。

 したがって、小幅な赤字の借り手は、銀行が倒産すると融資を回収され、他行からは借りられず、設備機械をスクラップ業者に投げ売りして従業員を解雇し、解散することになるのである。これは経済にとって極めて大きな打撃となろう。

 地域金融機関の倒産は、狭い地域内で多くの倒産を一度に発生させるので、地域経済に大きな痛手となるだろうし、大手金融機関の倒産は規模が大きいだけに日本経済全体に大きな痛手となろう。いずれにしても影響は深刻なのである。

銀行が資金をため込むようになると最悪

 以下は余談である。「銀行が倒産する」と聞くと、預金者が損をするから消費をしなくなる、と考える読者も多いかもしれないが、じつはその影響は軽微である。それは、預金保険制度があるからである。

 細かいことは省いて大胆に言えば、「残高1000万円までの預金は、銀行が倒産しても政府が払うので庶民には損をさせない」というものである。したがって、庶民の消費が激減するわけではないのである。

 もっとも、問題は別の所にある。大口預金者や他の銀行には預金保険が適用されないので、危ないと噂された銀行から大口預金が一斉に引き出され、本当に倒産してしまう可能性も否定できないからである。

 最悪の場合には、銀行が互いに資金の貸し借りをしなくなり、各行が自分の資金繰りを気にしてひたすら資金をため込むことにもなりかねない。「金融は経済の血液である」と言われるが、その血流が止まってしまうわけである。

 本稿は、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係が無い。