髪を切らなくても新しい自分になれる!
自宅でサロン級の満足度のセルフテクニック公開

美容室に行かなくても、髪を切らなくても、髪の印象をガラッと変える方法があると言ったら、どうしますか? 切らないほうがかわいくなると言われたらとうでしょう。
InstagramとTikTokのフォロワー数27万人超えの美容師・小西恭平は、初の単行本『あなたは髪を切らなくても変われる』のなかで、美容師でありながら「髪を切らなくても新しい自分になれる」と断言しています。
この連載では、誰でも必ずかわいくなれる、「シンプルなのに、どこかおしゃれ」な髪型を、自宅にいながら自分でつくる方法をお伝えしていきます。

【ビフォーアフター】
知的に見えるセンターパートは、童顔を大人っぽく見せてくれ、ビジネスシーンにはぴったり。でも休みの日だけカジュアルファッションに合う髪にしたい。そんなときは、あえて目にかかる「うざバング」にスタイリング。この方法は、伸ばしかけなどで中途半端に伸びている前髪を、おしゃれに見せる方法としてもおすすめです。

知的なセンター分けで
できる女になる!

 真ん中分け、センター分け、センターパートとも呼ばれる5:5分けは、知的でミステリアスな印象を与えます。「仕事ができる人」「信頼できそうな人」といったキャリア志向の女性にはおすすめの分け方です。平日だけセンター分け、オフの日は分け目を変えるのもいい作戦です。

 ただ、顔の中央で分けることによって、顔のパーツがより均等に見えてしまうので、誰にでも似合いやすい7:3よりも少し難易度は高め。顔立ちがはっきりしている人や毎日ばっちりメイクをする方向けの前髪と言えます。ちなみに面長タイプの人がセンターパートにすると、縦長(たてなが)感が中和されるため、顔が長い印象を薄くすることができますよ。(次回へ続く)