時差は1時間。
住みやすいメルボルンは行きやすい町

オーストラリア,メルボルン,センタープレイス人々で賑わうセンタープレイス ©iStock
オーストラリア,メルボルン,センタープレイスセンタープレイスには世界中から観光客が訪れる ©iStock

 日本からメルボルンへは、成田からカンタス航空(QF)と日本航空(JL)がデイリーで直行便を運航しています(※6月3日現在運行停止中)。直行便の所要時間は10時間30分ほど。QFは成田を19:20に出て、翌日の朝7:55にメルボルン着。JLは10:30に成田を出て、メルボルンには22:55くらいに到着。往路はQFがメルボルン9:20発で成田17:40着、JLが00:35の深夜発で8:35の朝に成田に着きます(3月時点の情報、時期によって変動あり)。

 時差が1時間しかないのも大きなメリット。サマータイムでも違いは2時間。行きも帰りも極端な時差ボケが起こりにくく、体はかなり楽です。

オーストラリア,メルボルン,フェデレーションスクエア新旧の建築物が建ち並ぶフェデレーションスクエア ©iStock

 メルボルンは2017年まで7年連続で英エコノミスト誌による「世界で最も住みやすい都市」の1位に選ばれていました。これは、同誌の調査部門が社会の安定性、ヘルスケア、文化、教育、インフラなどを評価するランキング。2018年と2019年はトップの地位は逃したものの、2位を維持しています。

 長年にわたって上位にいるだけあって、本当に住みたくなるところ。都会なのに人々がフレンドリーだったり、食事がおいしかったり、自然にアクセスしやすかったり……というのは他のオーストラリアの都市にも共通ですが、メルボルンならではの魅力といえば、やはりスポーツや文化の中心地として、ビッグイベントが開催されること。全豪オープンの会場=ロッド・レーバー・アリーナへはCBD(町の中心エリア)から歩いて行け、F1の会場となるアルバートパークへもトラムで約17分という近さ。こんなぜいたくな町、ほかにありません!