カーロッタ・ウォールズ・ラニアーさんは1957年に、14歳の少女としてリトルロック・セントラル・ハイスクールの階段を上った。彼女は、人種隔離は違憲との裁判所の判断を受けて、白人ばかりだったアーカンソー州のこの高校にアフリカ系米国人として初めて入学した「リトルロック・ナイン(リトルロックの9人)」と呼ばれた生徒の1人だった。  テレビのニュースで全米のデモの様子を目にしている現在の彼女は、「デモに参加している人々は、私がこれまで見てきた中で一番多様性に富んでいる」と語り、その変わりように驚きを示した。