オレゴン州カイザーに住むチェルシー・エリオナーさん(37)は100日以上も病気にかかっている。動悸(どうき)が激しく、胸が痛み、感覚がない。  ミネアポリスのサーファーでランナーのエミリー・ジェンセンさん(34)は階段を上るだけでも吸入具が必要だと話す。  最近大学を卒業したコネティカット州グリニッチのアニー・ハリスさん(22)はひどい疲労や頭痛と闘っている。  3人の女性はいずれも約3カ月前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と診断され、いまだに症状や後遺症に見舞われている。