最高のリーダーは、この「仮説」でチームを動かす
Photo:PIXTA

一流のリーダーとは、チーム全体の成果を上げるために、メンバー個々の力量に応じた仕事の任せ方ができる人です。花王での26年間の経験をもとに、現在はコンサルタントとして経営層・幹部研修などで数多くのリーダーを指導する阿比留眞二氏の新著『最高のリーダーは、この「仮説」でチームを動かす』からの抜粋で、リーダーのための部下マネジメントの要諦をレクチャーします。

安心して任せられる部下とは
いったいどんな人か

 現場では、なんでもかんでも自分でやろうとするリーダーをよく見かけます。部下にやらせるより、自分でやったほうが速くて正確だと考えているからでしょう。

 本来は部下に任せ、自発的に動いてもらいながら、チーム全体で成果をつくっていくべきなのですが、なかなか「部下を信頼して任せよう」と割りきって考えられないリーダーがいるのも事実です。

 では、安心して任せられる部下とは、いったいどんな人のことを指すのでしょうか。

 それは、チームの方針と、自分の役割をよく理解し、目標から逆算して、仕事のプロセスを組み立てられる部下です。こういう部下であれば、いちいち細かく指示を出さなくても、チームのためにいい仕事をしてくれるでしょう。

 しかし、多くの部下は、いろいろな面が発展途上であり、100パーセント信頼して任せることはできません。