過日、衝撃の一報が入った。
「今回、初めてプレミアム合宿を公開することにした」
電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…
「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、武蔵野も大規模な人事異動で働き方を変え、とことん社員が明るい。今は夢と希望しかない」
そんなはずはないだろう。「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」「第2波、第3波もこれから」と連日報道されているではないか。
そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の秘伝の書『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』が、いよいよ7/16に発売される。聞けばこのプレミアム合宿、箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。
このご時世、誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?
それが、「12名限定」にもかかわらず、行列をなしているという。なぜなのか?
業界の違う選抜組の社長同士が、「経営計画」「事業構造」「人材育成」「ドロドロ解決法」「一問一答、オープン質問会」「社長のお金の使い方」「早朝勉強会実況中継」の7つの講義後、露天風呂、夜の懇親会まで、同じ時と場所を共有。
社内不倫、借金地獄、内容証明、新卒辞職、値上交渉、倒産危機、事業承継、クレーマー問題など、誰にも相談できないドロドロも一挙に解決するので、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。
コロナショックの今こそ、経営のカリスマに、絶対に会社をつぶさない方法と他では聞けない経営の原理原則を教えてもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

本邦初公開の
「プレミアム合宿」とは何か

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野 代表取締役社長
1948年山梨県生まれ。東京経済大学を9年かけて卒業。「大卒は2人だけ、赤字続きだった武蔵野」を18年連続増収の優良企業に育てる。現在、750社超の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。今回、これまで一切封印されてきた武蔵野史上最高額のセミナー「実践経営塾 箱根プレミアム合宿」のノウハウを初公開した『門外不出の経営ノート』を出版。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『1日36万円のかばん持ち』『残業ゼロがすべてを解決する』『数字は人格』『お金は愛』などベスト&ロングセラー多数。

――7月16日に、新刊『門外不出の経営ノート』(ダイヤモンド社)を上梓されると聞きました。なぜ、今、「プレミアム合宿」の全講義を初公開しようと思ったのでしょうか。

小山:コロナショックが大きな原因です。この経営環境は中小企業にはあまりにもしんどいですから。ただ、元々プレミアム合宿は書籍化するつもりはありませんでした。あまりにも密度が濃く、成果が出すぎるから(笑)。

――あまりにも密度が濃く、成果が出すぎる!?(笑)

小山:はい。でも、この本の編集者があまりにもしつこい。スッポンのように一度食いついたら離れない(笑)。本書で紹介する「シェアじゃんけん」はとことん弱いくせに、断っても断ってもしぶとく「本にさせろ」といってくる。4年間、口説かれ続けた。でも、私は絶対に首を縦に振らなかった。ただ、それだけでは出さなかったでしょうね。このコロナがなければ……。それくらい私にとっては決定的なLIVE講義です。

――スッポンのように4年間も!(笑)『1日36万円のかばん持ち』を刊行したのが2016年2月。担当編集者はその刊行直後から小山社長に懇願していたそうですね。でも、小山社長は頑としてウンといわなかったと。小山社長、そもそも「プレミアム合宿」とは何ですか?

小山:「プレミアム合宿」は、私と12人の社長(経営サポートパートナー会員、以下「サポート会員」、その中でも選抜組)が、3日間、高級ホテル(以前は富士屋ホテル、現在は箱根・山のホテル)に宿泊して朝から晩まで共にし、酒を飲み、露天風呂に入り、同じ時と場所を共有します。