――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  米国企業の第2四半期(4-6月期)の業績は、恐らく予想ほど悪くはなかったようだ。だが新型コロナウイルスの脅威が再び高まっている中では、これが危機を脱した兆候だとみなすことは、到底できない。  各社の四半期決算発表を間近に控えたリフィニティブのアナリスト調査では、S&P500種株価指数構成企業の第2四半期業績は前年同期比43.9%の減益になると予想されている。これは、コロナ危機が経済に打撃を与えていることが既に明らかになっていた同四半期の期首の予想(11.7%の減益)よりはるかに悲観的な内容だ。