免疫系の2系統を理解する

「免疫系には自然免疫系と獲得免疫系の2系統あります。『自然免疫』とは、もともと人間の体に備わっている原始的な防衛機能で、それに対して『獲得免疫』というのは、自然免疫で対処できなかったときに出動するというイメージです。自然免疫が強いということは、ウイルス自体が排除されやすい、もしくはウイルスが増えにくいという状態になります。獲得免疫系は何をするかというと、自然免疫系で対処できなかったウイルスの完全な排除に働くのが、獲得免疫系だと考えてください。新型コロナウイルスに関しては、両方が関与していると考えています」(本間真二郎医師)

 新型コロナウイルスでは基礎疾患があった場合、重症化したり、最悪のケースでは亡くなる場合があるが、それが人によっても異なり、治療薬を投与しても、効果がある患者と全く効果がない患者がいると報道されている。最近では若者が感染しても全く症状が出ないケースが多いため、夜の街などでは気が緩んでしまっているのが現実だ。

 「症状が出ない、または軽症で済んでいる人は、自然免疫系だけで排除してしまっている可能性があります。それで対処できなかった人に獲得免疫系が発動するわけですけれども、その発動の仕方にも問題があって、獲得免疫系が発動して速やかに元に戻る人と、それが働き過ぎて暴走して重症化する人に分かれるということです。それが一部の人に起こっていると考えるのが、一番理にかなっているのではないかと思います」(本間医師)

 本間医師の主張は、私たちが日常生活を通して免疫力を高めていくことが重要であるということだ。自然免疫も含めた身体全体の「治癒力」を高めることが大事で、それが本間医師が推奨しているライフスタイルだ。

 しかし、大都会で生活していると、自然治癒力を高めるための生活は難しいのではないかという思いが頭をよぎる。

「自然に沿った暮らしというのは、大自然に囲まれて生活していなきゃダメだと思ってしまいがちですが、全く違います。私が一番に提唱しているのは腸内細菌を元気にする生活なんですが、それはヨーグルトを食べたり健康食品とかサプリメントを飲むとかそういうことではないのです。何を摂取するということではなくて、むしろ不自然なものを取らないようにする、ということが基本なんです」(本間医師)

 食事でいうと、自然食材のもので、添加物や化学調味料などを使っていない、地産地消のものを摂取するということだ。日本人なら日本の伝統食である和食を、余計な化学物質を使っていない、農薬や添加物が入っていない食事を積極的に摂りましょうということだ。

「新型コロナウイルスに関しては、よく噛むこともとても重要なんです。唾液が防御になれば一番いいのです。あとは口呼吸をしないとか。別に大自然の中で暮らさなきゃいけないという指示ではないんです。体をなるべく動かすこと、日光に当たること、体を冷やさない、ストレスをためないことなどが大事で、もちろん大自然に囲まれるとか、田舎で生活する方がより良くできるでしょうけれども、都会にいてもできることはたくさんあります。自分たちが今できる範囲内で積み重ねていく。その積み重ねが大事だということです」(本間医師)