マイク・ポンペオ米国務長官
マイク・ポンペオ米国務長官 Photo:Kent Nishimura/gettyimages

マイク・ポンペオ米国務長官は7月23日、中国との対決姿勢を鮮明にした演説を行うなど、米国と中国の関係は急速に悪化し「戦闘のない戦争」状態にまで発展している。今後、日本はどうすべきか。(国際関係アナリスト 北野幸伯)

ポンペオは
歴史的演説で何を語ったか

 米中関係が、急速に悪化している。

 米政府は7月21日、ヒューストンの中国総領事館閉鎖を要求した。理由について、ポンペオ国務長官は、中国総領事館は「スパイの拠点だ」と述べた。

 これに対し、中国は7月24日、成都の米総領事館閉鎖を通知した。

 7月23日、ポンペオは、歴史的演説を行った。何を語ったのか。

<中国との闇雲な関与の古い方法論は失敗した。われわれはそうした政策を継続してはならない。戻ってはならない。自由世界はこの新たな圧政に勝利しなくてはならない。>(太字筆者、以下同じ)

 中国は、「新たな圧政」であり、自由世界(民主主義諸国)は、これに勝たなければならない。