トイレットペーパーの買い占め騒動は中国人から見ても衝撃的だった
日本でのトイレットペーパーの買い占め騒動は中国人から見ても衝撃的だった Photo:Sipa USA/JIJI

世界各地で新型コロナウイルスによる感染者と死亡者が拡大する中、「震源地」である中国では感染者数が減りつつあり、ようやく終息へと向かい始めた。早くも「ウイルスに勝利した」という雰囲気が漂い始め、関心は他国の情勢、とりわけ隣国・日本の感染状況に向いている。(日中福祉プランニング代表 王 青)

中国のコロナ対策は
「終息」が見え始めた

 新型コロナウイルスによる感染が世界各国で猛威を振るっている中、中国ではようやく「終息」という出口の光が見え始めた。

 武漢を含む新規の感染者数が連日で二桁までに減り、回復した患者の人数が増えてきた。武漢市内に建設された仮設病院も閉鎖され始めている。経済活動も各地で再開の動きを見せつつ、徐々に普段通りの生活に戻り、明るいニュースが次から次へと報道されている。

 その一方で、日本や韓国、イタリアなどのヨーロッパ諸国、イラン、アメリカなど世界各国の感染者数は日ごとに増えていき、対応に追われている。

 このような状況に対し、既に中国では多くの人が自国よりもむしろ、海外の情勢に注目し始めている。特に隣国の日本の感染予防対策に異論を唱えることが多い。