米大統領選で民主党の候補に内定しているジョー・バイデン前副大統領は11日、カマラ・ハリス上院議員(55、カリフォルニア州)を副大統領候補に起用すると発表した。。ハリス氏は予備選でバイデン氏と大統領候補指名を争ったが、主要政党で黒人女性が副大統領候補に指名されるのは初。  ハリス氏はインド人とジャマイカ人の移民の娘で、2016年に上院議員に選出されて以降、民主党の有力議員へと上り詰めてきた。上院司法委員会では、指名承認に臨んだトランプ政権の閣僚候補らを厳しい口調で問い詰め、注目を集めた。