フィンランドの首都ヘルシンキにあるIT企業が集積しているオフィスビル
フィンランドの首都ヘルシンキにあるIT企業が集積しているオフィスビル Photo by Izuru Kato

 新型コロナウイルスは欧州経済にも深刻な打撃をもたらしている。2019年10~12月期に対する20年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は、主要諸国ですさまじい落ち幅だ(次の値はいずれもマイナス)。

 スペイン22.7%、英国22.1%、フランス18.9%、ポルトガル17.2%、イタリア17.1%。一方で、北欧が受けた“傷”は相対的には小さい。デンマーク9.2%、スウェーデン8.5%、フィンランド5%だ(ちなみに日本は12.2%)。

 理由の一つとして、南欧に比べて北欧は観光や外食、エンターテインメントなどの産業の比率が小さいことが考えられる。ただ、より本質的には、経済のデジタル化、いわゆるデジタルトランスフォーメーション(DX)が高度に進んでいることと、それを支える社会の仕組みに着目する必要がある。