菅義偉官房長官
自民党総裁選への出馬を表明し、記者会見する菅義偉官房長官(右演台、撮影日:9月2日) Photo:JIJI

安倍首相が辞任を表明した後、次期総裁選に向けた動きが活発化している。「ポスト安倍は誰か」ということばかりが注目されているが、本来は「この国のリーダーに求められているものは何か」「国や国民のためには何が必要か」という本筋の問題をもっと議論すべきである。(室伏政策研究室代表、政策コンサルタント 室伏謙一)

次期総裁選に向けた
動きが活発化しているが…

 8月28日、安倍晋三首相がその職を辞することを表明した。その理由は本人の体調不良により総理の職務を続けていくことが困難となったこととされているが、新型コロナ対策では「小中高一斉休校」や「アベノマスク」をはじめとして失策に失策を重ねてきたところ、「退き時を見計っていた」との見方もある。

 そもそも一国の総理の健康・体調に関する重要情報が簡単に事前に漏れ、大学病院に検査に行く車列が堂々とテレビカメラに収められるというのは、どう考えても不可思議であり、意図的なものと考えた方がいいだろう。

 麻生財務大臣や甘利衆院議員の「安倍総理は働き過ぎ」発言も今回の辞任表明へ向けた地ならしと見ることもできよう。