猫の殺処分率
写真はイメージです Photo:PIXTA

毎年9月20日から26日は動物愛護週間だ。ペットの環境改善への意識が年々高まる中、行政による引き取り数や殺処分数は減少傾向にある。だが、いまだに多くのペットたちが殺処分される自治体もあり、その差は大きい。2018年度の都道府県のデータを基に、猫の殺処分率が低い都道府県をランキングした。(ダイヤモンド編集部 松本裕樹)

猫の殺処分数は
10年間で5分の1に

 行政による猫の引き取り件数は長期的に減少傾向にある。2009年度は17万7785頭にも上っていたが、2018年度には5万6404頭と、約3分の1に減少。さらに殺処分数に至っては、同期間で16万5771頭から3万757頭と、約5分の1に減っている。

 だが、都道府県によって、殺処分への対応には大きな差がある。

「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況」(環境省)のデータを使い、「猫の殺処分率が低い都道府県ランキング」を作成した。

 その結果について解説していきたい。