大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

サラリーマン投資家として
ベストな経験の積み重ねかた

中長期保有をしている2つめの理由は、短期の値上がり益狙いの「デイトレード」や「スイングトレード」は、私のようなサラリーマン投資家には向かないからです。

デイトレードとは1日のうちに取引を終わらせる投資で、スイングトレードとは数日から数週間で取引を終わらせる投資です。

いずれも株価の動きをグラフ化した「株価チャート」から上昇トレンドと下降トレンドを瞬時に読みとり、「安く買って、高く売る」または「高く売って、安く買い戻す」ことを短期で繰り返して儲けを得ようとします。

日中に仕事をしているサラリーマン投資家は、プロの投資家のように株価チャートに張りついているわけにはいきませんから、手を出そうにも出せないのが実情です。

サラリーマンでも株式投資を始めたばかりで投資意欲がとくに高いときは、平日に休みがとれたら株価チャートに張りついてデイトレードしたり、夜間にFX(外国為替証拠金取引)や暗号資産(仮想通貨)など投機的なハイリスクの金融取引にも挑戦してみたり、いろいろと手を出してしまいがちです。

しかし、あれもこれもと手を出すより、サラリーマンを続けながら長く続けられる投資法にじっくり取り組んで、経験値を積み重ねたほうが、投資成果に結びつきやすくなります。

だから私は、サラリーマン投資家の資産形成には、「割安成長株への中長期投資」に絞って極めようとするスタンスがベストだと思って、続けているのです。