ピニンファリーナ「バッティスタ」

PININFARINA
PININFARINA

 デザインスタジオのピニンファリーナの名は、過去80年の最も美しいクルマの数々に結び付けられてきました。そんなピニンファリーナが自動車メーカーとして誕生したのがピニンファリーナ(Pininfarina S.p.A.)であり、アウトモビリ・ピニンファリーナブランドの最初のモデルとなるのが「バッティスタ」です。

 この1900馬力を誇るハイパーEV「バッティスタ」は、イタリア製市販車として公式に史上最もパワフルなモデルとなり、新生ピニンファリーナをこれ以上なく印象づけることでしょう。

 卓越した技術を持つスペシャリストの精鋭チームが開発した「バッティスタ」は、最高時速349kmを誇り、0~100km/h加速が2秒以下、時速300kmにも12秒以内で達します。

「バッティスタ」の他にも、2020年はリマックの「C_Two」やロータス「エヴァイヤ」など同様に、超高額(正式販売価格は未定となっていますが、どのモデルも2億円以上するであろうと想定されています)なEVハイパーカーが発売されますが、非凡なパフォーマンスと高級グランドツアラーとしての完成度を併せ持っているのが「バッティスタ」と言っていいでしょう。

 アウトモビリ・ピニンファリーナでは、この堂々たるモデルのリリースを皮切りに、今後5年で高級SUVの新型モデルを次々にリリースする計画です。

ロールス・ロイス「ゴースト」

ROLLS-ROYCE
ROLLS-ROYCE

「ベビー・ロールス」とも呼ばれる「ゴースト」の新型モデルは、2020年9月に、よりミニマルなデザインで披露され、前モデルから大幅な進化を遂げました。

 新型「ゴースト」は、ロールス・ロイスが技術の粋を集めた最新車で、「プラナー」サスペンションシステムはこれまで以上にスムーズなドライブ体験をもたらします。

 電動パワーアシストが搭載されたドアを開けると、インテリアは徹底的に洗練され、細部に至るまでこだわったものとなっており、新たなスタンダードを打ち立てようとする同社の気概が感じられます。

 また、車内の音響改善と騒音削減には、かなりの力が入れられており、ダッシュボードの開発にさえ1万時間が費やされたようです。当然ながら、このモデルは極めて高価なものとなりそうです。販売価格は3474万円。

マセラティ「MC20」

MASERATI
MASERATI

 マセラティは2020年9月10日、新型2人乗りスーパースポーツカー「MC20」を披露。期待に違わぬその姿が明らかになりました。

 マセラティ「MC20」の「MC」とは、「マセラティ・コルセ(=マセラティ・レーシング)」を意味し、「20」はマセラティにとって新たな時代の幕開けとなる2020年を意味しています。つまり、このメーカーが擁する1世紀以上におよぶレース界での歴史が刻まれたDNAを具に継承し、そして、新時代へとステップアップするマセラティの提言とも言えるフラッグシップカーなのです。

 心臓部には、最新の3リッターツインターボV6エンジン「ネットゥーノ」を搭載し、0~100km/h加速は3秒以内、最高時速は320kmを上回ります。

 純粋で控えめなデザインに、数々のクールなディテールや装飾を組み合わせたこの「MC20」は、さまざまなモデルがひしめく2シータースポーツカー市場で特別な魅力を放っています。

 2021年にはEVモデルがリリースされる予定で、実際に一般道を走る姿を見るのが楽しみな一台です。販売価格は2650万円。