病気を遠ざける「免疫力」は腸で作られるため、腸内環境をよくする食品をとることが重要、というのは、81歳の免疫専門医である藤田紘一郎氏の弁。いわく、健康長寿のために勧める食品には、野菜、発酵食品、肉や魚の骨から出るだしなど。それらの食品をスープでとるメリットは、体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすいことです。
ウィズコロナの時代を生きるすべての人に手に取っていただきたい最新刊『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、著者自身も毎日飲んでいる究極のスープはじめ、おいしく続けるための73レシピを紹介している。
この連載では、自分で免疫力を高める食事の法則や、著者が勧める『長寿スープ』のレシピなどをお伝えしていきます。

やさしい甘みのスープに
しょうがをきかせて体温アップ!

キャベツとしらすのしょうがスープ

ココが長寿効果!
キャベツ+しらす干し+しょうが

 キャベツは腸内細菌を増やす食物繊維が豊富。がん予防効果も期待できます。脂肪の燃焼率を高めたり、糖尿病を予防したりするホルモン(DHEA)の分泌量を増やすしらす干し、万病のもと、冷えを解消するしょうがをトッピング。詳しい材料と作り方は『免役専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』をご覧ください。

 本原稿は、藤田紘一郎著『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』の第1章からの抜粋です。『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、腸内環境を整えて免疫力を高める「長寿スープ」のレシピがたっぷり収録されています。ウィルスが蔓延するこの秋冬、免疫力を高めて病気にならない体を手に入れてみませんか?(次回へ続く)