コロナ禍の業績悪化で社内に漂う「諦めムード」をどう打破するか
社員たちの士気を高めるために経営者がすべきこととは? Photo:PIXTA

コロナ禍の業績悪化に漂う
「諦めムード」をどう打破するか

小宮一慶・小宮コンサルタンツ代表
小宮一慶
小宮コンサルタンツ代表

 今年は想定外の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、営業活動がままならず、業績が悪化している企業が多数出ています。業績悪化の原因が自社にあるのなら、原因を分析して改善すればいいのですが、コロナ禍ではそううまくはいきません。なかなか業績が回復せず、社員の士気が下がり、諦めムードが漂ってしまっている組織も少なくないでしょう。

 では、そうした組織のムードを変え、社員たちの士気を高めるために、経営者は何をすべきなのか。

 社員の士気を高めるには、2つの方法が考えられます。

 1つは、目標設定の見直しです。コロナが経済に与える悪影響が本格化したのは2020年2月ごろでした。1月から12月の1年間を決算期間としている12月期決算の会社は、前年(19年)の12月ごろまでに目標を作っています。当然コロナ禍は予想だにしていません。

 そのため、予想と実際の業績が大きく乖離(かいり)している会社がとても多い。3月期決算の会社でもコロナ禍が本格化する前に作った目標をベースに活動していれば、コロナの影響を織り込むことができず、目標を大きく下回っているはずです。

 今年はあと2カ月ほどで終わりますが、コロナ禍の「終息」はおろか、「収束」の見通しすら立っていません。そのため社員たちが「どうあがいても目標を達成できない」と投げやりになってしまうと、会社全体に諦めムードが漂い、さらに士気が下がる悪循環に陥ってしまいます。