狙うべきメルセデスは3つの世代のみ

跳ね上げ式のガルウイングドアをもつ300SL跳ね上げ式のガルウイングドアをもつ300SL。希少な往年の名車は、もちろん高額で取引されており、メルセデスのスポーツカー代表ともいえる300SLも1億円を超える

 しかし1990年代に入るとさすがのダイムラー・ベンツもグローバリゼーションの波をモロに受け、変革を余儀なくされました。

 その結果として1990年代半ば以降は「妙にコストコンシャスな中型セダン」を作ったり、ちょっとイマイチなFF小型車やSUV、ミニバンなどまで作って拡大路線に転換。さらには、お荷物と化すだろうことは容易に想像できる米国のクライスラーを吸収合併し、「ダイムラー・クライスラー」になるという凡ミスも犯しました(2007年にはクライスラー部門を売却して「ダイムラー」に戻りましたが)。

 そのような混迷の1990年代半ば以降を主導したユルゲン・シュレンプ社長は2005年に更迭され、2006年には工学博士号を持つディーター・ツェッチェが社長に就任。以降のダイムラー(メルセデス・ベンツ)は商品力を回復させ、現在の隆盛に至っています。混迷の時期と同様にFFの小型車やSUVなども作っていますが、現在のそれは、混迷期のモノとは段違いの諸性能とデザイン性とを有しています。

 さて。以上の流れを鑑みれば、「2020年の今、我々ユーザーが狙うべきメルセデスはどの世代か?」というのは火を見るより明らかです。もうおわかりのこととは思いますが、答えは、

●最新世代の新車か中古車
●ちょい前世代(2010年式以降ぐらい)の中古車
●往年の世代(クラシックカーはバカ高いので、現実的には1980年式から1995年式ぐらい)

 この3つだけです。そのほかの世代は無視してください。というか、暗黒期ともいえる1996年から2005年ぐらいのメルセデスは買ってはいけません。