大卒入社3年目のこと。貯金100万円を元手に、
40歳をちょっと過ぎるまでに株式投資で生涯賃金2億円を稼ぐことを決意した。
でも、投資はまったくの素人。完全に知識ゼロの状態だった。
そこで、日中はサラリーマンとして忙しく働きながら、
株式投資の入門書を買って勉強するところから始めた。
最初は短期売買を繰り返して失敗したが、
より落ち着いて取引できる中長期投資に方向転換したところ、“勝ちパターン”が見つかった。
どんどん資産を増やし、当初の計画前倒しで資産2億円達成!
サラリーマンにして株式投資で月400万、500万円の利益を出すことはざら。
多い月には1000万円を軽く超える含み益を得ている。
その投資手法は、堅実で着実。
『10万円から始める! 割安成長株で2億円』の著者・弐億貯男が、
すべてのサラリーマンにおすすめの投資スタイルを手取り足取り伝授する。
「会社の人は誰も知らないけれど、実はボク、いつ会社を辞めても大丈夫なんです!」――弐億貯男

Photo: Adobe Stock

値上がり益と株主優待の
二兎を追うことは難しい

株式投資から得られる収益には、値上がり益(キャピタルゲイン)と株主優待や配当金(インカムゲイン)があります。

株主優待や配当金は、企業から株主への利益還元策の1つです。

私は値上がり益を狙った株式投資を基本としていますが、オリックス(東証一部・8591)とサンマルクホールディングス(東証一部・3395)の株式だけは、株主優待目当てで保有しています。

もし資産を増やすために株式投資をするのであれば、私のように株主優待目当ての投資は控えめにしておいたほうがよいと思います。

株主優待を得ることが目的になると、その銘柄を適切なタイミングで売買できなくなるからです。

株主優待や配当金には「権利確定日」というものがあります。

株主名簿に記載されて、株主優待や配当金などを得る権利が確定される日のことで、その多くは決算期の月末となっています。

株主優待目当てで株式を保有していると、株価が下がって含み損を抱えてしまったとしても、
「株主優待の権利を得るまでは継続保有したい」
「株主優待で含み損の元をとろう」
などと考えてしまい、損切りを躊躇してしまいがちです。

株主優待が手厚い“株主優待銘柄”は、「権利確定日」が近くなるにつれて株価が上昇し、権利確定日が過ぎると株価が急落する傾向があります。

そのため、株主優待と値上がり益を同時に狙うことは難しいのです。

一方、株主優待銘柄は株主優待目的で保有する個人投資家が多いため、業績に悪材料が出てもすぐには株価が下がりにくい傾向もあります。

これから株主優待銘柄をはじめて買ってみようとする人は、過去の株価チャートを参考に、値動きが穏やかな銘柄をお試しで1銘柄買ってみて、感覚をつかんでみることをおすすめします。